サーキュレーターを使って節電

東日本大震災の影響で、今夏の計画停電はほぼ確実です。そのため節電グッズとしてサーキュレーターが急浮上。さぁ、どう使う?

サイトトップ > すべてが安いサーキュレーターで上手に節電

スポンサードリンク

サーキュレーターを使って節電

すべてが安いサーキュレーターで上手に節電


扇風機とサーキュレーターのちがいについては、もうわかりましたね。では具体的な節電方法を紹介しましょう。サーキュレーターの利点は機器自体も安く、消費電力も安い点です。


以下に述べるいずれかの方法でエアコンとサーキュレーターを併用しエアコンの設定温度を1℃上げると(冷房時の場合)、“約10%”もの節電になるといわれます。


節電法1:人間は風があたると体感温度が下がるため、エアコンの設定温度を上げてサーキュレーターの風が直接ひとにあたるような場所に置く。これでエアコンの電気代は節約できるが、長時間サーキュレーターの風を浴びつづけないよに注意が必要。


2:サーキュレーターをエアコンのすぐそばに設置して、エアコンから出る冷気の向きを変え、同時に冷気を循環させる。たとえば部屋のすみにエアコンがとりつけられていて、部屋の中央にいるひとへ冷気が届かない場合などに有効。送風先を変えることができ、冷房の設定温度を高めにし弱風にしても涼しさを感じられるためおおいに節電になる。


3:暖房時の節電。暖かい空気は上部、天井にたまるため、サーキュレーターの風を天井に向けて送ると空気が循環して部屋全体が温まる。設定温度を低めにしても十分な暖房が可能。


サーキュレーターを使って節電

MENU



スポンサードリンク